簡単♪情報起業Navi

☆一瞬でセールスプロセスを手に入れて情報起業ができる☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「食べ過ぎ後を極端にしない」


昼ご飯を食べ過ぎたから、夜は食べるのをやめておこう。

こんな事って1度はないですか?

例えば、我が家の場合ですが休日はよく実家のみんなと朝マックしたり、がっつりラーメンや炒飯を食べたりするのですが。

明らかに食べ過ぎだと感じると、「夕飯いいや」

と妻によく言うんです。

そして、私だけ夕飯ぬきにするんですが・・

次の日仕事で動いているにも関わらず、昼夜普通に食べると朝結局体重が少し増えている。

変わらないどころか、少し増えてしまっているんです。

なぜだか、きっとわかりますよね。

リバウンドと同じような理由からです。

絶食ダイエットなどをやると、リバウンドしたりしますが。

全く食べないと、体はいつもと違う、異変を感じ取りそのため、次の食事でエネルギーをその分使う。

だから、食べなくてそのときは体重が減ったと思っても結局はあとから増えてしまったりする結果になるんです。

以前はこんなことをしていましたが、今は違う方法をとっています。

エリカ式で学んだリセット方を基本に、食べ過ぎたあとの食事をきちんと摂っています。

一見太りそうなんですが、次の日私は体重変わらずです。

食べ過ぎたからといって、そのあとの食事をどうするかで変わってしまうんですよね。

食べ過ぎた。だから今日はもう食べない。

これは体に脂肪を蓄積するだけです。


食べないのではなく、食べ過ぎた分をうまくリセットする。

こっちの方が体には良いことなんです。

食べすぎた後の食事は決して極端にし過ぎない。

極端にし過ぎない事が太らないことに繋がっていきます。


無理な帳尻合わせではなく、しっかりしたリセットをしましょう!

~お知らせ~ 

1日5分のダイエットとアドバイザーのサポート付きで痩せる

⇒ http://123direct.info/tracking/af/254708/GgQP04gO/

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。