簡単♪情報起業Navi

☆一瞬でセールスプロセスを手に入れて情報起業ができる☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「夕飯から寝るまでが短い時は」


仕事や用事で帰りが遅くなってしまう事ってあると思います。

そうなると自然と夕飯も遅くなり、食べ終わってから寝るまでの時間も短くなってしまいますよね。

ダイエット中ならとくに夕飯は早い時間に食べたい!

食べてから寝るまでせめて3時間くらいは開けたい!

こう感じる事も多いのではないでしょうか?

確かに7時に夕飯を食べて11時に寝るのと、10時に夕飯を食べて11時に寝るのとでは、同じ夕飯を食べたとしたら体の余裕も変わってきますよね。

だからと言って、仕事や用事を早く切り上げられないのなら夕飯が遅くなってしまうのは避けようがありませんよね。

私も仕事がら、夕飯の時間は平均的な時間より遅いと思います。

しかし、これも仕方がない事ですよね。

また、深夜に帰宅して朝出かける事も多いので、帰宅後急いで食事をする事もあります。

そうなると食べてすぐに寝る形になります。

食事も不規則で遅いとなれば、当然体重だって増えてしまいます。

だったらダイエットはできないの?

こう思ったり、これを理由にダイエットを諦めていませんか?

ダイエットで大切な事。

それは適度な運動にバランスよい食事。

そして、それらを工夫したり応用する事だと思うんです。

夕飯から就寝まで時間がある日の夕飯と、時間があまりあかない時の夕飯の量が同じだったら。

もちろん時間があまりあかない日の方が、消費量も少なくなりますよね。


だったら、例え食事内容が同じであっても、少し量を減らしてみてください。

疲れているとどうしてもファーストフードの物や、食べないで寝てしまうという事が増えるかもしれません。

しかし、それが毎日続けばあなたの体はどんどん太りやすく痩せにくい体になってしまいます!

なるべく自炊するようにして、早い時間に食べる時より少し少なめに食べるようにする。

少し変えるだけでも状況に合ったダイエットにする事ができます。

あなたのライフスタイルに合ったダイエットで、夜食派でもしっかりダイエットをする事はできる!

仕方ないと諦めるのではなく、ほんの少し変えた夕飯にしてみるといいかもしれませんね。

~お知らせ~ 

1日5分のダイエットとアドバイザーのサポート付きで痩せる

⇒ http://123direct.info/tracking/af/254708/GgQP04gO/


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。